So-net無料ブログ作成

【モンゴルゲーム事情】ウランバートルでPS3用ソフトを調査する!

2011年12月31日

今回訪れたのは、横綱白鵬、元横綱朝青龍などの生まれ故郷、モンゴル国ウランバートルです。

宿泊地は、日本で事前に得られる情報が少なかったので、デパートも併設されているチンギスハーン ホテル(Chinggis Khaan Hotel)です。
Chinggis_Khaan_Hotel.jpg

大きな地図で見る

日本で発売しているモンゴルのガイドブックは、たった一冊!しかも渋い情報が多い「地球の歩き方」シリーズ。
もちろん買わずに(笑)カンボジア以来の手探りで情報収集です。

先の話題で、カメラは今まで使用したLUMIX DMC-FX37から、極寒の地モンゴルに合わせて、耐低温設計のCyber-shot DSC-TX10に新調しました\(^O^)/

仕様上-10°Cまでの設計ですが、撮影時に長時間外気にさらす訳ではないので、マイナス10度以上でも全く問題なく動作していました。おっっーー!

滞在中、普通のデジカメやデジタル一眼を使用している方々は、当たり前ですが動作がおかしい等と話していましたけど(^_^;)


早速、モンゴルゲーム情報・ウランバートルゲーム情報を求め、モンゴルゲームショップ、ウランバートルゲームショップ、モンゴル電気屋、ウランバートル家電店の調査開始です(^。^)

チンギスハーンホテルのフロントの横から、韓国資本のスカイデパート(SKY DEPARTMENT STORE)に向かいました。
中規模ですが、衣類、食品、雑貨、おもちゃ、書籍など、まあ困る事はない品揃えです。
SKY_DEPARTMENT_STORE_Ulaanbaatar.jpg

1階、2階と散策して、ゲームの取り扱いがない事に落胆していたとき、何気なく地下へ。
ありました!ありましたよ!パナソニックの液晶TVコーナーの横に、電気屋?ゲームショップ!発見です。うぉー!!
SKY_DEPARTMENT_STORE_GAMESHOP_Ulaanbaatar.jpg

さすがにPSVitaはありませんが、ゲーム現行機種とアップル製品達の電光看板。
SKY_DEPARTMENT_STORE_GAMESHOP_Ulaanbaatar2.jpg

家庭用ゲームやアップル製品等を扱うショップです。
さすが韓国資本のデパートだけあって、販促ポスターはハングル文字で書かれています。
一押しは「アンチャーテッド − 砂漠に眠るアトランティス」等ですね(^。^)
SKY_DEPARTMENT_STORE_GAMESHOP_Ulaanbaatar3.jpg

店内に入ってすぐのガラスケースに、プレイステーション3の160GB版、320GB版が鎮座していました。
写真でもわかるように値札は、160GB版499,000トゥグルグ(27,823円 2011.12.31現在)、320GB版629,000トゥグルグ(35,071円 2011.12.31現在)です。
SKY_DEPARTMENT_STORE_GAMESHOP_Ulaanbaatar4.jpg

店内にあるゲームソフトショーケースを見ても、プレステ3用ソフトが見当たりません?!
PSP、Wii、xbox360等のソフトはあるのに・・・。店員さんに聞いても英語通じず断念(>_<)
さらに頑丈な見えないケースに入っていたのか?!

新築マンションが日本円で100万円からと説明を聞いていたので、家庭用ゲーム機は、一部のモンゴル人富裕層や一部の外国人が楽しんでいるのでしょうね。


2012年1月1日

道中、連れて行かれたノミンデパート(Nomin Department Store)の隣にモンゴル ソニーショップ(直営??)がありました!!
もちろん休みです・・・。
SONY_SHOP_Ulaanbaatar.jpg

ウランバートル ソニーショップから見たノミンデパート。
表にも家電メーカーのロゴの看板が多数あるのに、食品のスーパーのみ営業でした。残念(>_<)
Nomin_Department_Store_Ulaanbaatar.jpg

大きな地図で見る

自由時間が少ない日程の為、日中の車中で目にしたショップを、いくつかメモしておきました。
偶然にも、PlayStation 3 Centerなる看板を発見していましたが・・。

行けないだろうと半ば諦めていたところ、夕食に立ち寄ったThe Bullから徒歩すぐの所だと気づき、早速、モンゴル プレイステーション3 センター(Mongolia PlayStation3 Center)へ。

この位置でTALST Fashion Shopping Center(Bodi tower)を目印とした場合、裏手にあります。
TALST_shopping_centre_Ulaanbaatar.jpg

大きな地図で見る

交差点から30mほど歩いた道沿いの半地下に有りましたよ−。
ウランバートル プレイステーション3 センター(直営なわけありません)。うぉー!!
すでに閉店の準備中で中に入れてもらえませんでした!
えっー!日本から来たんですよーー (T.T)
PlayStation3_Center_Ulannbaatar_Mongolia.jpg

最近出来た、写真のマックス モール(MAX MALL)や、BMW正規ディーラー??のNaran Motorsの近くにあったハイテクセンター(High Tech Center)なるデジモノショップもありましたが、残念ながら時間的に行けませんでした・・・。
MAXMALL_Ulannbaatar_Mongolia.jpg


2012年1月2日

帰国日の恒例、チェックインを済ませ、チンギスハーン国際空港(Chinggis Khaan International Airport)の免税店へ。
Chinggis_Khaan_International_Airport.jpg

ゲームはもちろん扱っていませんが、第一印象は「普通の品揃えだけど・・それ以上求めてはいけない」な感じです。
同じ小ささなら、カンボジアのシェムリアップ国際空港の免税店の方が、オシャレで清潔感があって良かったですね!
Chinggis_Khaan_International_Airport_DutyFree.jpg


おまけ
【カンボジアゲーム事情】シェムリアップでPS3用ソフトを調査する!で、アンチャーテッドの聖地だ!と感動してから早一年、ここモンゴルもアンチャーテッド 黄金刀と消えた船団(アンチャーテッド2)の第二の聖地である事も判明です。

モンゴル チベット仏教の聖地、ガンデン・テンツェリン寺(Gandantegchinlen Monastery、ガンダン寺院:Gandan Monastery)です。
Gandan_Monastery_Ulaanbaatar_Mongolia.jpg

PS3ユーザー、アンチャーテッド好きなら、もうおわかりですね(^_^)b
気分はアンチャーテッドのネイサン・ドレイク(ネイト・ドレイク、Nathan Drake)で、もちろんクルクル回してきましたよ\(^O^)/
Gandan_Monastery_Ulaanbaatar_Mongolia2.jpg


最後に、民主化の波についていけなかった人達は今まで通り、ついていけた人達は優雅(他国から見れば普通)な生活が出来るようになった感がありました。

車は、日本車と韓国車が占めていて、古い車もありますが、不思議?と年式も新しく綺麗な車、高級な車が多く走っていました!

毎度お馴染みの言葉になりますが、ゲーム娯楽が庶民に行き渡るのは、まだまだかかる事でしょうね。

それから気にはなっていた事が一つ。
どこのトイレに入っても、ウ○コがこびり付いているモンゴル\(◎o◎)/
常に肉、肉、肉、あまり野菜を食べない民族のようで、それが原因と察しました。
トイレメーカー開発の精鋭の皆さん、モンゴルを制すれば世界を制しますよ!

機会があったら、お店が開いている時に再訪問して(笑)、またモンゴルゲーム事情・ウランバートルゲーム事情をお伝え出来ればと思います・・。

ありがとうモンゴル ウランバートル!!
MIAT_Boeing737_800.jpg

最後の最後に。
偶然にも行き帰り、朝赤龍関と一緒の便でした!
nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。